コインチェックとIEOとマネックスの特徴を把握

コインチェックは8月22日ユーティリティトークンによる資金調達支援事業IEOの検討を開始しました。IEOハトークン発行で新規調達をするICOのうち、仮想通貨取引所が主体となり、トークン販売をするモデルです。

ICOが持ってる資金調達コスト削減やエイクティの分配を必要としない資金調達などメリットを踏襲しつつ、仮想通貨取引所が販売トークン審査をして、ICO高い信頼性を持つ資金調達手段で海外の仮想通貨取引所中心に注目集めています。コインチェックは金融庁認定自主規制段階規則及び、ガイドラインに基づいて、対象事業審査をして、企業、プロジェクトなどの発行体から委託受けて、暗号資産の販売など業務支援してく予定みたいです。そして、コインチェックは当該事業開始検討に伴ってすでにコンテンツ保有してファンコミュニティと一緒に事業成長させたいプロジェクトなどユーティリティトークン活用した新たな資金調達スキムの構築検討するプロジェクト募集してます。また、コインチェックは今の事業の主軸は仮想通貨取引所の運営で、取引所は複数ありますが、同社の特徴は取引通貨の種類が10種類と国内最多の点です。ビットコインなど有名コインもちろん、マイナー通貨も購入できることで人気集めて、国内取引所で取引高ナンバー1を記録しました。最近世界各国で注目集める仮想通貨ですが、2017年10月時点で世界におけるビットコイン取引量約6割が日本でされてるとされ、月間現物取引高1兆円超えたとされてます。その中で同社は取引高ナンバー1を獲得し、仮想通貨ビジネス展開する企業中注目の1社でした。ですが、同社は2018年1月仮想通貨流出事件で、一時取引停止されました後に2018年4月マネックスにより35億円で買収され創業者の和田氏は退いたというのが経緯です。

広告