コロナとブロックチェーン業界(5月)

Taku

緊急事態宣言が延長!

 2020年のGW入り、コロナ影響による緊急事態宣言も延長の発表が待たれる中、

広告

 ブロックチェーンが社会に大きく影響を与えるようになってきています。人との接触を減らすことが予防策となっていることもあり、プライベートでの活動が減るとともに、ビジネス活動も在宅でのリモートで行われることが増えてきている状況です。それらのかつどうを大いに支えているものが、インターネットであり、その技術のひとつであるブロックチェーンについて紹介します。

 新型コロナが広がりを見せたことによって、ブロックチェーンを活用した暗号資産は大きな影響をうけています。暗号資産のひとつは、市場の暴落に引きずられるようにして価格が崩落しました。また、ある暗号資産は売りの圧力が増加したことによって、トランザクションつまりが発生してしまいました。また、売り取引が大量に発生して、価格の暴落が想定を超えてしまったことにより、大きな損失を発生した暗号資産もあります。

 新型コロナによって経済状況が停滞していることもあり、オンラインを安定的に提供するための仕組みであるブロックチェーンに注目が集まっています。ブロックチェーンの技術にかかわる企業への投資が海外では盛り上がりを見せてる状況です。一方で国内では、ブロックチェーンに関する知識が投資家にないことも関係して、それほど大きな盛り上がりを見せていません。ブロックチェーン技術を学ぶ方向に注目もいっているため、教育分野へ目を向ける投資家もいます。

広告

 

 新型コロナウイルスによって、オンラインにおける活動が活発になっています。そのため、オンラインの活動を安全に行うためのブロックチェーンも同時に注目を集めている状況です。市場の影響を大きく受け、損をした投資家も少なからずいます。ブロックチェーンは、その技術を学ぶ人が増えてきているほか、技術の広がりを期待されて投資家の注目されている状況です。ブロックチェーンは今後も注目を集めることが予想されるでしょう。

広告