ブロックチェーンゲーム技術の活用について

ブロックチェーンゲームとは仮想通貨などに使う分散管理台帳を活用したゲームです。実際には通常スマートフォンなどで普通にインストールするゲームと変わらないものが多く、キャラクターのアクション、育成、アイテムの売買などもできる仕組みになっています。
ブロックチェーンゲームと既存のゲームの違いはゲームのデータやアイテムの分散管理が可能だったり、個人間で自由な取引ができるのがポイントです。
大きな特徴の分散管理です。従来のゲームは管理会社による中央集権型でゲームの販売元がコントロールしていましたがブロックチェーンゲームではゲームの利用者同士が個人で売買を行うことができる自由な非中央集権管理になります。
また、遊びながら仮想通貨を稼ぐことができることもポイントです。スマートフォンゲームの課金と似ており、
イーサリアムなどの仮想通貨を受けるもない通貨に変えておいても購入することができます。
現在、注目すべきブロックチェーンゲームについてご紹介します。
「マイクリプトヒーローズ」は実在する歴史上の人物が登場し、パーティーを組みながら戦います。リアリティが高く、かつバトルで勝利することによるアイテム入手、それを高額で売却することも可能です。
次に「コントラクトサーヴァント」。こちらは仮想通貨なしでもゲームをすすめることが可能なカードゲームで萌え系女性をモチーフにしており、初心者にもハードルが低いかもしれません。
さらに、アジア各地でブロックチェーンオンラインイベントも日本で開催され、世界各国の暗号資産情報、ゲームでいかに収益かをはかるか?など基調講演なども含め、開催されています。
また、日本企業においてもトヨタが2020年度中に自動運転技術にブロックチェーン技術を取り入れる開発を開始します。人と車にIDを振り分け、非中央集権管理を行いながら、安全性が高い、かつ信頼性が高い自動運転車両開発の設計を目指しています。
上記の通り、様々な側面でブロックチェーンの分散管理が活用されています。

広告