暗号通貨の取引所のコインベースが上場準備!その背景とは

コインベースはアメリカの暗号資産業界で最大の事業規模があり、現在では株式上場に向けて準備を始めています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で以前のような生活ができなくなっていますが、逆にビットコインの需要が高まる傾向が強いです。暗号通貨はどの国にも依存しないため安定して需要があり、金のようなヘッジ資産として注目されています。暗号通貨の取引所は金融緩和の影響もあり利用者が増え、コインベースが上場することを申請したものだと思われます。その内容は非公開でしたが暗号通貨は通常の通貨のように価格変動のリスクがなく、資産の代わりに使われていることで相場が最高値を更新しているという見方があるようです。
暗号通貨は新型コロナウイルス感染症などで通貨の価格や経済が安定していない時期に強く、投資家の多くが用いるようになったことで取引が頻繁に行われています。このため、コインベースのような有名な取引所の利用者が増え続け、今後も利益を確保できると予想されそうです。コインベースの上場はビットコインの相場が上がる可能性があり、暗号通貨の業界における一大イベントになると言われています。今後はさらに利用者が増えることが予想され、このような明るいニュースになっていると言えそうです。

広告