過去最高で200万円にもなった暗号通貨の12月の相場

暗号通貨といえばビットコインが有名で、バブルの2017年には200万円を超えて話題になりました。しかし、その後は下落する傾向が強く安定しない時期もありましたが、2020年12月になって200万円を突破し過去最高の値段になり注目されています。ドル建てでは過去最高値になりアメリカの取引所のコインベースが上場を準備する計画があり、各国の社会や経済情勢の影響を受けない通貨として暗号通貨が人気です。2020年は新型コロナウイルス感染症の関係もあり社会や経済情勢にも大きなダメージを与え、ビットコイン価格も3月には50万円台まで下落しました。しかし、その後は徐々に回復し10月からアメリカの企業のビットコインの購入や暗号資産が決済大手のペイパルで扱われ、急上昇に転じて12月の相場は高めです。ビットコインの12月の相場は1日に200万円を超えたことで話題になりましたが、17日には円建て価格が230万円を突破し2017年末の231万2100円を超えて過去最高になりました。

ビットコインなどの暗号通貨は為替の影響を受けないため、投資家が代わりに使うようになっています。投資家は個人だけでなく企業や機関投資家も増え、インフレ対策として現金をビットコインに変えたり決済大手のペイパルで取扱開始になったことで流通が拡大し相場が上がっています。暗号資産はビットコイン以外にもアルトコインやリップル、イーサリアムがあり、資金が流入することで大きく上昇している傾向が強いです。新型コロナウイルス感染症はインフレを引き起こすことが予想され、その対策として暗号通貨が使われるようになりました。12月の相場は今後の暗号通貨の需要が高まることを証明し、インフレを防いで安定した世の中にするために必要だと認識させられたものです。暗号資産は2017年末に記録した最高値を更新することで今後は注目され、新型コロナウイルス感染症の対策になると実証されました。

広告