11月7日、8日・リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』

米リップル社主催の最重要カンファレンス「SWELL 2019」が迫るなか、仮想通貨相場に影響を与え得るポイントを特集した。前回、前々回のSWELL時のXRP価格推移も掲載。

米リップル社主催の国際カンファレンス「SWELL2019」が、世界有数の技術および金融センターの1つであるシンガポールで、11月7日、8日にかけて開催される。

日本とシンガポールの時差は「1時間」のため、リップルCEOのガーリング・ハウスがオープニングスピーチを行うのは日本時間11時半からで、日本時間12時より最初の講演がスタートする予定だ。

出典:SWELL2019 アジェンダ

2017年はカナダの主要都市「トロント」で、10月16〜18日に開催され、2018年は、リップル社の本拠地であるアメリカ合衆国のサンフランシスコで、10月1日〜2日にかけて開催された。

SWELLは、「巨大な波(XRP革命の大きさ)」を意味する用語で、世界各国における、政治・経済界、銀行業界、ブロックチェーン業界のリーダーが一堂に介し、「送金の未来」について議論する場となる。

広告

ゲストスピーカー

Swell2019

カマル・クァディルbKash CEO。 急成長を見せるバングラデシュのモバイル金融サービス「bKash」のCEO。発展途上国向けeコマース市場「CellBazaar」を設立。
チャン・ヘンチー大使大統領評議会のメンバーで、シンガポール外務省で大使を務めており、シンガポールの米国大使、シンガポールの国連代表者だった。
ラグラム・ラジャン博士前インド準備銀行総裁。シカゴ・ブース金融学教授。IMF(国際通貨基金)チーフエコノミスト。

大々的にカウントダウンイベントを開催した2017年の「第1回SWELL」、クリントン元米大統領などを豪華ゲストを招いた「第2回SWELL」と比較すると若干おとなしめの布陣であるが、過去1年間の仮想通貨市況を踏まえると、”過度に期待を煽らないスタンス”の方が今の市場環境には好都合と言えるかもしれない。 株式市場と同様、イベントに合わせて思惑買いばかり先行すると、市場期待に届かなかった場合の反動も大きくなりやすいからだ。

情報源: リップル最重要カンファレンス『SWELL 2019』、注目ポイントと仮想通貨XRPへの影響

広告