2月の暗号通貨の相場は何ドルになるのか?

・今後の暗号通貨の相場を確かめる目的

最近ではビットコインなど暗号通貨の値動きが激しく、投資するチャンスにすると資産を増やせる可能性があります。相場は社会情勢によって大きく変わりやすく、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で変動が激しくなったことが記憶に新しいです。2021年1月8日に4万1962ドルまで値上がりし、2017年12月に記録した数値を上回りました。その後は落ち着いて来たものの2万9000ドルから4万ドルのレンジで推移していますが、今後は暴落することが予想されます。このため、投資をするタイミングを決めるために相場を確かめ、資産を増やすチャンスを伺うようにすると効果的です。

・2月以降、3月はどのようになるのか

米ドル円は一時期は105円に迫っていましたが、最近では円安の傾向がありコロナショックの影響を受けていると思われます。ビットコインの今後の価格の推移は新型コロナウイルス感染症の影響も関わり、本格的な株安もあり一気に下落する可能性も高いです。暗号通貨は為替相場を動かす力があり、ユーロが上がれば価格が上昇する傾向があります。ユーロ米ドルとビットコインの価格の推移は同じような感じになり、外国為替市場への影響も強くなる可能性が高いです。

・投資をするタイミングの決め方

ビットコインは米ドルよりユーロとの関係が深く、FXのトレーダーはドルを売ってユーロを上昇させています。ビットコインは2月中旬の時点では買われ続けているため、2月12日の時点では4万8925ドルで史上最高値でユーロ米ドルも12100を超えています。このため、最近の3ヶ月で200%上昇するなど強気の相場で推移しているため、大きな価格上昇は2週間以内に起きる可能性があると言われています。投資をするタイミングは価格が急上昇する前に購入し、上がれば売ると利益を確保できます。しかし、最近ではドル高の傾向があり懸念材料として専門家が挙げているため、最新の動向を見逃さないようにすることが大事です。

広告