ブロックチェーン×コロナ後の動き(4月)

Taku

ブロックチェーン業界の動向とコロナ後の動き

 全世界でコロナウィルスが蔓延しています。ブロックチェーン界がコロナによって大きく変わることはありませんが、間接的な部分で影響が出ています。ブロックチェーンを開発するのは人間ですからコロナになり、開発が中断されるということもあるのです。ここではそんなブロックチェーン界の動向へのコロナの影響について解説していきます。

ブロックチェーン業界への影響

広告

コロナウィルスはブロックチェーン業界にも大きな影響を与えています。例えば、ブロックチェーンを開発する人材確保が難しくなることです。ブロックチェーンを開発する人材は貴重な存在です。一人が感染して仕事ができなくなったときに、代わりの人材を探すのは簡単ではありません。また、日本のように政府との連携によって進んでいたプロジェクトが止まってしまうことも考えられます。各国政府はコロナ対策に多くの時間と労力を割いています。予定通りにプロジェクトが進むような国はほとんどないです。数ヵ月単位で遅延が発生するのか、中止になってしまうのかは判断が難しい部分です。不透明に状況が続けばもっと影響は広がっていくでしょう。

 コロナによってブロックチェーン界に大きな動きがあるわけではありません。感染リスクが低くなるように活動速度をゆっくりにしてはいるでしょう。しかし、自宅で仕事ができる人はコロナが沈静化した後の準備をしています。ブロックチェーン技術を求める動きは各国でありますので、期待に添えるように用意をしているのです。コロナ後に各国との連携が上手くいけば、ブロックチェーンの技術が世間に浸透する速度が早まる可能性があります。

広告

ブロックチェーン界へのコロナの影響のまとめ

 コロナの影響はブロックチェーン業界に人材確保が難しいという形で出ています。感染者が出ても人材の代わりを探すのは難しいです。また、政府との連携で進めていたプロジェクトにも影響が出ています。しかし、ブロックチェーン界は活動を停止しているわけではなく、ゆっくりとは動いています。さらに、コロナが沈静化したらブロックチェーン技術が世間に浸透していくという未来もありえるのです。

広告