LayerXはブロックチェーン技術をキーとしたベンチャー企業

LayerXは仮想通貨の流通を支えた技術であるブロックチェーンをキーテクノロジーとしたベンチャー企業です。

LayerXはブロックチェーンを仮想通貨だけではなくこれからの金融機関のキーとなるフィンテックに応用することにより、ビジネスの足がかりをつかんでいます。実際に大手金融機関や保険機関との連携、システム開発会社との連携によりフィンテックをブロックチェーン技術を活用して発展させることに成功しています。

しかしLayerXの企業としての目的はさらに大きなものです。これまでのインターネットは情報を流通させることがメインでしたがブロックチェーンを活用することによって価値のインターネットに発展させることができます。結果的に日本政府が目指すデジタルトランスフォーメーションをブロックチェーン技術を活用することで実現する事をミッションとしています。

実際にフィンテックだけではなく様々なプロジェクトに参入しており、自治体や行政機関ともシステム開発を進めています。

さらにはLayerXはプライバシーやセキュリティの側面で課題があるとされているマイナスの側面を研究開発を進めることによって解消すべく取り組んでいます。

実際にはこのような活動は1社で進めることは難しいため、システム開発会社とアライアンスを組むことによって進めています。また自社の活動やデジタルトランスフォーメーションを促進するためのメディア活動も並行して行っています。

トップ発信から、業界団体を取りまとめるための活動なども含め、積極的な活動が顕著です。

このようにフィンテックを皮切りにデジタルトランスフォーメーションを推し進める先兵となるべく、活動を展開しています。

「すべての経済活動をデジタル化する」。この企業ミッションを遂行すべく、上記のような事業活動から研究活動、業界団体の推進活動まで幅広く展開し、日本がデジタルトランスフォーメーションに世界で遅れをとらぬよう、重要な役割を担うベンチャー企業としてLayerXはこれからも活動を促進していくことになるでしょう。

広告