Libraとは、どのようなものか?

リブラは、フェイスブックが、主体となって開発を進めてきたもので、リブラブロックチェーンとしまして、2020年に提供されるサービスです。運営主体としましては、Facebookを含む二十数社を創設メンバーとする合弁会社リブラ協会が担う形となります。リブラの理念としましては、「シンプルで国境のないグローバルな通貨と金融インフラの構築」から、20数社以上が結成されて、。参画企業による多数決制の意思決定制度を持ちますので、一社で意思決定できない部分が大変優れている部分であると思われます。リブラ自体が誤った方向に行かないように調整ができることとなります。リブラは、ステーブルコインでありますが、ブロックチェーンを活用した既存のステーブルコインは、米ドルなどの法定通貨や、Bitcoinなどの仮想通貨や金などの価格にその価値を同期するものか、あるいは計算によって価値の安定化を実現するものに分類されるとされています。ステーブルコインであるリブラにつきましては、「通貨バスケットと資産をLibraリザーブとして保持することで、実態価値への信用を築く」としています。これは、リブラの価値が一定になるように調整できると言うことを指し示しておりますので、リブラの価格が安くなれば、Libraの価格が基準より安くなればリザーブ資産を使って流通しているLibraを買い取る。逆にLibraの価格が基準より高くなれば、新たにLibraを発行することで価値の安定を図ることができると言うことになりますので、価値の安定を図ることのできる通貨でありますので、非常に魅力的であります。デジタル通貨としてのリブラが注目されて新しく注目されていくことになります。

リブラは、企業連合が運営主体となりますので、リブラは裏付け資産のリザーブである準備資金を持つことによりまして、市場での価格を安定させることができます。リザーブとしましては、各国の通貨バスケットの形をとっておりますので、各通貨の比率としましては、米ドル50%、ユーロ18%、日本円14%、英ポンド11%、シンガポールドル7%でありますので、リブラ自体が国境を超えて送金できるようになっておりますので、世界各国とまでは行きませんがそれを目指す各国共通での仮想通貨としまして、大きく注目されていることは間違えありません。リブラの目標としましては、新興国では、銀行の口座を持たない、持つことのできない方々が多数おられますので、そのような方々を対象にしたビジネスであるのが、仮想通貨リブラとしての大きな特徴であります。スマートフォンとインターネットができる環境であれば、銀行口座を開くことができると言うのを可能にしてくれているサービスを提供しているのがリブラとなります。また、利用者から見たリブラのメリットとしましては、国際送金の手数料と利便性が改善されますので、現状では、銀行に国際送金を依頼すると高額な手数料と数日の時間がかかってしまい、敬遠されがちになりますが、リブラを使用することで、各国共通の利用手数料でと言う部分を目指されています。インターネットを経由しまして、国境を超えて全世界の人々が共通で利用できる口座をインターネット上に作ることができると言うのは、20社以上の企業から結成されておりますリブラの特徴でありますので、一部では、Libraは、今までの仮想通貨や暗号資産とは異なり実際に運用しやすい仮想通貨であるとも言われておりますので、今後ますますリブラが注目されて全世界から注目を浴びる可能性を秘めております。

広告