STOは金融を変えるのか?【2月4日イベント開催】──2020年「btokyo members」始動 

2020年2月4日、ブロックチェーンのビジネスコミュニティ「btokyo members(ビートウキョウ・メンバーズ)」による初のサロンイベント「STOが金融を変える──ブロックチェーンビジネス2020年の市場形成と予測」(主催:N.Avenue株式会社、メディアパートナー:CoinDesk Japan)が開催される。本イベントは、金融の中心地である東京・大手町でフィンテック拠点を運営するFINOLABとのコラボ企画となる。 「デジタル証券」は2020年に市場を形成するか? 2020年春に資金決済法、金商法、金販法等の改正法成立、施行となり、ICOやIEOにかわり新たにSTO(Security Token Offering:セキュリティ・トークン・オファリング)など、証券型トークン(ST)関連ビジネスが新たに登場する。 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)がデジタル証券プラットフォーム「Progmat(プログマ)」の開発を発表、SBIホールディングス・北尾吉孝社長がSBI証券・カブドットコム証券・大和証券・野村證券・マネックス証券・楽天証券の6社により設立された日本STO協会の代表理事に就任して、その必要性を説くなど特に金融業界から注目が集まっている。 2020年はデジタル証券が一気に市場を形成する可能性がある。では、どのようなビジネスが生まれ、新たな経済圏をつくるのか? 本イベントでは、STビジネスをリードする当事者や専門家、識者を招き、その見通しを議論する。 参加する 福島良典氏(LayerX CEO) 東京大学大学院在学中にGunosyを創業、代表取締役に就任し、創業からおよそ2年半で東証マザーズに上場させる(後に東証一部に変更)。Anypayとのジョイントベンチャーとして誕生させたLayerXのMBO (経営陣による自社の買収) を発表し、CEOを務めている。同社はブロックチェーン技術に特化した開発やコンサルティングを中心に事業展開。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が開発するデジタル証券プラットフォーム「Progmat(プログマ)」では技術面の重要な役割を担う。CoinDesk

情報源: STOは金融を変えるのか?【2月4日イベント開催】──2020年「btokyo members」始動 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン

 

日時】2020年2月4(火) 19:00 ~ 21:30(予定)

【場所】FINOLAB (東京都 千代田区 大手町一丁目6番1号 大手町ビル4階)

【URL】https://navenue.jp/btokyo_members/

【参加対象】金融機関の新規事業責任者/経営企画担当者、IT企業のファイナンス事業担当者など

【メディアパートナー】CoinDesk Japan

【定員】50人

【参加申込】上記WEBサイトからチケットを購入

広告