カテゴリー
ブロックチェーン 暗号資産

暗号資産のレンディング

Spread the love

 仮想通貨(暗号資産)では、保有して価格が上がるのを待ったり、短期売買したりして利益を得ることができます。それ以外にも「貸すことで稼ぐ」ことができるレンディングサービスという仕組みも〜

Spread the love

 仮想通貨(暗号資産)では、保有して価格が上がるのを待ったり、短期売買したりして利益を得ることができます。それ以外にも「貸すことで稼ぐ」ことができるレンディングサービスという仕組みも人気です。単純に長期保有するよりも、レンディングには以下のような長所があるのです。

1.専門的スキルが無くても稼げる
2.毎日相場を気にしなくていい
3.取引所が間に入るからローリスク

3つの長所(稼げる理由)について、それぞれ簡潔に紹介していきます。

●1.専門的スキルが無くても稼げる

「仮想通貨で稼ごう」と考えた時、通常なら相場を分析して、売買のタイミングを考えて、など専門的なスキルと経験が必要になります。それなりの難しさが伴うため、ただ保有して価格が上がるのを待つやり方を取る人も多いです。しかし価格が上がらないと利益になりませんし、時には暴落することもあるのです。大儲けする可能性もあるわけですが、「安定した利益」を得たい人にはあまり向きません。
しかしレンディングは、仮想通貨を他人に貸すことで受け取るお金(利息)で稼ぐ仕組みです。ローリターンであるため、大きなリスクは伴わないですし、専門知識も必要ありません。またローリターンと言っても銀行の定期預金よりかは、利息のケタが1つか2つ高いことが常なので、レンディングは大きな注目を集めているのです。

●2.毎日相場を気にしなくていい

株取引でも外為取引でも同様ですが、仮想通貨で売買していると、毎日価格が気になるものです。特に短期売買する人は当然なのですが、1ヶ月以上などの中長期スパンで売買する人も、やはり相場は気になってしまうものです。日常生活で気を取られたくない人には、レンディングが向いています。
あらかじめ決まった期間、他人に仮想通貨を貸すだけの分かりやすい仕組みです。そして決められた日に利息を受け取ります。もちろん、暴落してしまって次回以降のレンディングに支障が出るかも?と不安になるかもしれませんが、通常の仮想通貨売買で感じる不安に比べれば、ごく小さいものです。

●3.取引所が間に入るからローリスク

仮想通貨を誰かに貸して利息を得ようと考えても、どこの誰かも分からない人に貸すのは不安がありますし、持ち逃げされる恐れもあります。知人だとしても持ち逃げされない保証は果たしてあるでしょうか?レンディングでは、仮想通貨取引所が間に入ります。上場しているグループの取引所ばかりですし、一個人に貸すよりは明らかに信頼性が高いです。
もちろん企業だから大丈夫、とは限りませんが取引所側は常日頃から「信頼性」を非常に気にしているので、「貸した仮想通貨を返さない」などの行為は、取引所が倒産などしない限りありえないでしょう。つまり、レンディングは普通に誰かに貸すよりも、比較的信頼性が高いと言えます。

●【まとめ】レンディングで安定利益を実現する

仮想通貨は短期売買したり、長期保有したりするだけがやり方ではありません。仮想通貨を長期保有してただ高騰を待っている方は、一度レンディングも検討してみてはどうでしょう?興味が湧いた方は、ぜひこの記事を参考にして安定利益に目指してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です